ABOUT US

組織、業務

    国際線発着調整事務局(Japan Schedule Coordination (JSC))は、平成20年1月一般財団法人日本航空協会内の組織として、航空会社、空港会社から独立した組織として設置されました。(下図の組織図を参照)
当初は、成田国際空港(NRT)、関西国際空港(KIX)の国際線発着調整業務を実施していましたが、東京国際空港(羽田)(HND)の国際化に伴い、平成22年2月から東京国際空港の国内線・国際線の発着調整業務も担当するようになりました。
また、平成24年8月には新千歳空港が混雑空港に指定され、平成27年8月には福岡空港が混雑空港に指定され、これら空港の国内線・国際線の発着調整業務も担当するようになり、現在は5空港の国際線・国内線の発着調整業務を実施しています。

Organizational chart

中立性、公平性、透明性

    国際線発着調整業務は、国際空港に係わる諸制約を踏まえつつ、国際慣行上IATA(国際航空運送協会)のガイドライン等に則って公正な発着調整を行うことが求められます。このガイドラインには、航空会社からの独立、空港会社からの独立という指針が盛り込まれており、中立性、公平性、透明性の確保が求められております。一般財団法人日本航空協会内の組織として設置することにより、これらの条件が担保されることとなりました。国際航空の安全で円滑な運航を確保するために極めて重要な役割を担っている中立性、公平性、透明性が求められる公益性の高い業務として認識しております。


業務紹介パンフレット

    日本語のパンフレット、英語のパンフレットが下記からダウンロードできます。