発着調整会議

関西国際空港

1.IATAスロット会議 (Slot Conference)

    発着調整業務は、世界共通のガイドラインであるWASG、SSIMに従い、インターネット回線等を通じシステム上で調整されますが、スケジューラー、コーディネーター等が一堂に会して直接的に調整する会議が年2回開催されます。
    IATA指定の世界140程の混雑空港を担当するコーディネーターと、当該空港に乗入れ、あるいは乗入れを希望する航空会社のスケジューラーが一堂に会し、乗入れ希望の時間調整を行うための活動の場です。ちなみに、IATAへの加盟、非加盟を問わず、世界中から約250の航空会社のスケジューラーと、混雑空港のスロットを管理するコーディネーター等を合わせ1000人程の参加がある大きな会議です。

  1. 毎年6月(冬ダイヤ調整)、11月(翌年の夏ダイヤ調整)の年2回開催
  2. 会期は3日(冬ダイヤ)、4日(夏ダイヤ)
  3. 開催地は、世界的地域バランスを考慮しIATAが選定

2.会議の概要


  1. スケジューラー、コーディネーター等が個別に面談する (1社15分間ずつ)
  2. リクエストの確認、リクエストが叶わない理由の説明、新たな提案、情報交換
    (航空会社情報・今後の空港の整備状況等)
  3. 発着調整に係わる問題点、ガイドラインの見直等を行う各種委員会も同時開催
    • Schedules Information Standards Committee (SISC) (SSIM改定のための委員会)
    • Worldwide Airport Coordinators Group (WWACG) (コーディネーター等の協議会)
    • Asia/Pacific Airport Coordinators Association (APACA) (アジア太平洋コーディネーターの協議会)
    • Slot Policy Working Group (SPWG) (航空会社スケジューラーの協議会)
    • Worldwide Airport Slot Board (WASB) (航空会社、空港会社とコーディネーターの合同協議会)

3.開催状況及び開催予定


  1. 第145回IATAスロット会議 (2019年 11月、オーストラリア・ブリスベーンで開催)
    • 航空会社: 225社585人
    • 発着調整事務局等: 85組織295人
    • 展示者: 空港会社・システム会社等77組織238人
  2. 第146回IATAスロット会議 (2020年6月、新型コロナの蔓延で中止)
  3. 第147回IATAスロット会議 (2020年11月、新型コロナの影響で、オンライン方式で開催)
  4. 第148回IATAスロット会議 (2021年6月、新型コロナの影響で、オンライン方式で開催)
  5. 第149回IATAスロット会議 (2021年11月、イタリア・ローマで、オンライン方式とハイブリッドで開催予定)
SC117大阪SC117大阪
SC117 2005年11月 大阪開催
SC129シンガポールSC129シンガポール
SC129 2011年11月 シンガポール開催
SC141マドリッドSC141マドリッド
SC141 2017年11月マドリッド開催